【エレコム トラックボールマウス レビュー】動かさない新感覚の大玉マウス|M-DT1DRBK

スポンサーリンク
ガジェット
スポンサーリンク

こんにちはRei(Rei_s2020)です。

つい先日僕が使っていたマウスが壊れてしまいました…

今まで有線のものだったのですが、中でケーブルが切れてしまい、永遠に音が鳴り続ける装置に変わりました。

見た目も愛らしくて好きだったのですが、今となってはオルゴール。

これを機に無線のものを試してみようかーと思い、こちらを買ってみました。

スポンサーリンク

開封と外観

改めてみると結構大きいです。

以前使っていたマウスの1.5倍くらいはあります。

内容物としてはこんな感じです。

  • トラックボール本体
  • レシーバーユニット(USB)
  • ユーザーズマニュアル
  • 単三アルカリ電池1本

右側にはクリックボタン、左側の3つのボタンは「割り当てボタン」になっています。

側面から見るとこんな感じ。

矢印はそれぞれ「進む」「戻る」ボタンです。

今まで画面端までカーソルをもっていっていたのでこれはかなり便利。

あとは左クリックと、画面スクロールのチルドホイールがついてます。

青い部分のスイッチでカーソルの速度も切り替えられます。

スポンサーリンク

トラックボールマウスの特徴

8ボタン&動かす必要なし

ボタンが8つついているので、極端に仕事効率が上がりましたね。

好きな機能を割り当てられるので「コピー」「ペースト」を当てはめるとめちゃくちゃ楽。

ただ設定がちょっとめんどくさいのはありました。

まあデフォルトで機能が割り当てられたボタンもあるので、特に設定しなくてもそのまま使えます。

パームレスト

全体的に大きいので、手のひらをそのまんま乗せられます。

握りやすいうえに手触りもさらさらしていて、手首の負担がかなり軽減できそう。

エレコム トラックボールマウス レビューまとめ

これらをまとめてみると、

  • たくさんの機能があるので効率化できる。
  • 細かいところまで設定可能。
  • マウスが大きいので手首が楽。
  • 設定自体がちょっとめんどくさい。

前に使ってたマウスと比べると、機能は豊富でとてもいいと思いました。

ただボールの操作はむずい。

始めて使ったので当然なのですが、やはり最初の違和感はすごいです。

とにかくこれは慣れるしかないと思います。

性能も値段もこちらのほうが上なので、絶対便利なはず!

これでしばらく使ってみて、慣れるかどうかは後に追記しておきます。

*12月21日追記:使い始めて2週間経ちまして、かなり順応しました。もはや私の思い通り!!!

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント