【城ドラ】竜魔導士ブルードの評価!攻守に優れたサポート魔導士

コスト3(進撃)
スポンサーリンク

こんにちはReiです。

今回は竜剣士レードラに続く 転生シリーズ の第2弾「竜魔導士ブルード」についてご紹介します。

竜魔導士ブルードのステータスや、評価、簡単な使い方もご紹介しますので、是非ご参考にしてみてください。

このブログでの城ドラに関する記事は、ゲームコンテンツの普及を目的とし、株式会社アソビズムの許諾を受け、同社の著作物を利用するものです。お問い合わせはメニューまたはページ最下部をご覧ください。

スポンサーリンク

竜魔導士ブルードの入手方法

竜魔導士ブルードは期間限定の「ブルードのアバたま」で入手することができます。

引用:城とドラゴン(城ドラ)公式Twitterより

スポンサーリンク

竜魔導士ブルードのステータス

竜魔導士ブルードのステータスについてはこちらです。

引用:城とドラゴン(城ドラ)公式サイトより
攻撃力防御力HP
初期値494666733
レベル30フル+レアアバター95912931422
オールフル101613701507
*バランス調整により誤差が生じる場合があります。

コスト3、最大召喚数3体ですが、ターゲットが遠距離ということもあり、ステータスはやや控えめとなっています。

竜剣士レードラと比較しても全体的な値を竜魔導士ブルードの方が下回っています。

竜魔導士ブルードのスキル

竜魔導士ブルードのスキルについてです。

スキル名スプラッシュ
スキル効果地面から水柱を出現させ攻撃。
水柱内の敵に継続ダメージを与える。
空の敵にも有効 LvUPで威力が増す。
スキルLv11さらに威力が増す。
キャラ備考召喚時に「降臨の儀」を発動する。

降臨の儀:
ブルードが召喚されると目の前に泡を呼び出す。
降臨の儀のモーション中はダメージを受けない。

泡は前進し、近くにいる味方を包む。
泡に包まれている味方は受けるダメージが減少する。
一定回数攻撃を受けると、泡が破裂して地空の範囲にダメージを与える。
※ダメージの減少量はキャラごとに異なる
※一部のキャラは泡で包まれない
泡は味方を包んでいない状態で一定時間経過すると自動的に消滅する。
味方を包んでいない泡も一定回数攻撃を受けると破裂する。
泡は大砲を受けると破裂する。

攻撃時にスキルを発動する。
スキルが発動すると、
範囲内の敵の足元から水柱を発生させダメージを与える。
水柱は一定時間場に残り、範囲内の敵に継続ダメージを与える。
※継続ダメージは敵の防御力を無視する

水柱は空の敵にもヒットする。
水柱が発生している間、同じ場所に水柱は発生しない。

水柱は城主1人あたり、同時に最大2本まで発生させることができる。
タッグ・トリオでは、上記に加え味方全体で4本まで発生させることができる。
※最大数を超えた場合は、最も古い水柱が消滅する
*バランス調整により誤差が生じる場合があります。

竜魔導士ブルードにもレードラと同じように、降臨の儀通常スキルの2つがあります。

まず降臨の儀についてですが、

  • 召喚時に前方に泡を生み出す(このモーション中はブルード無敵状態)
  • 泡は味方を包み、被ダメージ軽減や状態異常を無効にする
  • 包まなくても壁として機能
  • 泡は攻撃や大砲で割れ、割れると周囲の敵に出ダメージ

要約するとこんな感じです。たくさん書いてありますが、内容は意外と単純ですね。

因みにこの泡は大型も包むことが可能なため、使いどころは多そうです。

続いてスキルについてですが、こちらは降臨の儀よりもさらに単純で、

  • 敵に水柱を発生させて、地空ともに防御無視の固定ダメージ
  • コストの大きい順に狙う

大型にも中型にも関係なくダメージを与えることができるシンプルかつ強力なスキルです。

水柱に閉じ込めていればいるほど、継続してダメージが入ります。

竜魔導士ブルードのアビリティ

アビリティ効果
Lv1
Lv2
Lv3
*バランス調整により誤差が生じる場合があります。

竜魔導士ブルードの評価・使い方

評価・使い方は管理人の判断基準となりますので、ご了承ください。

竜魔導士ブルードの長所

竜魔導士ブルードの長所
  • 降臨の儀、スキルがともに強力
  • どのキャラとも相性がいい

スキルで地上から空中、砦裏まで対処できるため活躍の幅は広いです。

加えて降臨の儀は、キャラによって恩恵の質は違えど、基本的中型や大型関係なくどのキャラとも組み合わせられるため、非常に強力だと言えます。

竜魔導士ブルードの短所

竜魔導士ブルードの短所
  • アンチがやや多め
  • 近接には不向き

味方の支援に秀でている分なのか、自身に対するアンチはやや多めです。

また近距離戦になるとステータスの低さが響くので、他のキャラでサポートしてあげるなど対策が必要です。

竜魔導士ブルードの使い方

原則として竜魔導士ブルードは後ろから召喚して、なるべく生き残るように意識しましょう。

タートルキャノンや雪ん子などの砦裏キャラを処理したいときは、前方に召喚するのもアリです。

降臨の儀から生み出される泡は大型にも中型にもつけられます。

砦を守るときや大型戦で泡を見方キャラにつけ、試合を有利に進めましょう。

竜魔導士ブルードのD1・トロフィー取得

竜魔導士ブルードのD1・トロフィー取得はこちらです。

D0D1D2D3
スキル11のみ

竜魔導士ブルードのバッジ取得

竜魔導士ブルードのバッジ取得はこちらです。

金バッジ銀バッジ銅バッジ

まとめ:竜魔導士ブルードの評価・使い方

以上が竜魔導士ブルードについてのご紹介となります。

やはり転生シリーズのキャラは今回も強力でしたね。

前回登場の竜剣士レードラもまだまだ活躍していますし、竜魔導士ブルードも派遣を取りそうな予感がします。

期間限定キャラですので皆さん必ずゲットしてください!

それではお読みいただきありがとうございました。

他のキャラについての評価や使い方はこちらからどうぞ

【城ドラ】キャラランキングはこちら!

コメント